ライオンの隠れ家

子どもたちの生きるチカラを育む「賢者の学校」

関市肥田瀬の古民家を利用した私塾学校です。温かい人間関係の中で、子どもたちを育みます。

 

思いやりと優しさ、創造性、主体的に行動することを大切にしています。

 

生涯を通して「自分らしく生きるチカラ」を身に付けます。

 

 

◆対象年齢

小学1年生~中学3年生までの児童・生徒さま

*日中一時支援事業利用決定通知書が必要です。

 

◆利用できる枠組み

日中一時支援枠:

お住まいの市町村窓口にて、「地域生活支援事業」利用をお申し出ください。

市町村発行の受給者証交付により、社会福祉制度を利用することができます。

 

フリースクール枠:

学籍のある公教育・私立学校に登校しているかどうかに関わらず、当校をご利用いただけます。

 

◆定員 16名

◆利用日 月〜金曜日 ※スクールのカレンダーによる

◆時間 9:00〜15:00(在所時間)

 

◆送迎

応相談

*保護者様による送迎・公共交通機関・徒歩・自転車通学も可能です。

 

◆昼食・おやつ

安全で安心な食材を主に使った手作りの昼食を提供しています。

おやつ作りを子どもたちと一緒に行うこともあります。

 

◆過ごし方

子どもたち・大人たちが同じ一人の人間として、互いを尊重し合って過ごす中で、よりよい空間を作り上げられるよう、時間の使い方も一緒に作り上げます。

 

①リズム体操

②朝の会(顔合わせと一日の過ごし方の話し合い)

③学習・活動(畑作業や施設の環境整備、日常的清掃)

④余暇・創作・休養・表現・運動

⑤昼食

⑥夕の会(一日の振り返り・次回の登校日のプランを話し合う)

⑦帰宅準備(身の回りの片付け)

 

 

◆利用料

 

正会員

 ◆入会金 20,000円

*初年度の年会費は発生しません。

*2年目以降年度更新の際、年会費(12,000円)が必要になります。

*途中退会の際は、未経過月分を返金いたします。

*入会金の返金はございません。

◆月会費 50,000円(全日)

◆送迎代 350円/往復(応相談)

◆食費 420円/食

◆冷暖房費 200円/日(夏季7-9月、冬季12-3月)

 

スポット会員

◆入会金 12,000円

◆一日利用料 3,500円(一週間に2日まで)

◆送迎代 応相談

◆食費 420円/食 

◆冷暖房費 200円/日(夏季7-9月、冬季12-3月)

◆ひと月平均 28,000円(ひと月8日利用)

 

 

◆ご挨拶

 

皆さん、初めまして。「賢者の学校」を運営する一般社団法人SEIMA137の理事の井川香苗子と申します。

 

子ども達とおしゃべりをしたりゲームをしたり、ご飯を一緒に作り配膳をし、子ども達の年齢や関係性を見つめながら、「子ども達がいまこの瞬間の子どもの時代」を存分に味わって生き切ること(その刹那を大切に生きる事)こそ、生涯に渡って、自分を軸にした生き方ができると考えています。

 

閉そく的な組織や社会で自分らしくいるのが難しい現代。自分の軸をいかに太く揺るぎなく育てていくか、が人生を豊かに幸せに生きていく鍵になります。

 

日常生活で人同士がたくさん関わることがその軸を作り上げていくのです。関り合いを大切にした「賢者の学校」で大きく太く育てあいましょう!

一般社団法人SEIMA137

理事 井川香苗子

 

◆ご挨拶

 

賢者とは、プラス思考の人間です。失敗をしても、マイナスに捉えることなく、自身の長所に意識をフォーカスし、目標達成に向けて、突き進むことができます。

 

賢者とは、胆力のある人間です。不測の事態が起きても、動揺しません。絶望的な状況に置かれても、諦めません。常に向上心に満ち溢れています。

 

賢者とは、正しい道理に基づいて行動できる人間です。正しい道理とは、自然環境と命を守ること。賢者には信念があります。

 

人間の一生とは短いものです。この短い時間に、いかに多くの体験をし、人格をどう向上させるのか。

 

私たちは、この地で「賢者」を育てます。

ライオン学園

学園長 杉山均

 

◆利用者の声

 

利用者の声①
賢者の学校に通いはじめてから「毎日が楽しい!」と生き生きしています。精神的に安定するようになり、他者とのコミュニケーションがしっかり取れるようになりました。家庭内での会話も増え、親子ともに疲労感が無くなりました。

 

利用者の声②
賢者の学校に通うようになり、明るくなりました。お茶目な表現をするようになり、自分の気持ちや意見をきちんと話せるようになりました。

一人っ子で、子ども同士の関わりが少ないことを心配してきました。ライオン学園で、様々な年齢の子どもや大人と関わり、人間関係の多様性を学ぶことができています。

年下の子が泣いている時、娘の手を握り、娘がその手を握り返していた光景が目に焼き付いています。賢者の学校で過ごす日々が、娘の人格の土台となります。思いやりのある子に育っていることをとても嬉しく思います。

 

利用者の声③
以前は自宅にいる時、ゴロゴロと動画を見たり、ゲームをやるだけでした。賢者の学校に通うようになって、下校後、ドリルをやるなど、意欲的に何かに取り組んで過ごすようになりました。
動物の飼育や農作物の栽培など、生きるために本当に必要なことを体験し、さらに、自分が大好きなことを他者と分かち合えています。公立校の教科で学ぶ事柄も、生活の中で自然に学んでいます。

 

利用者の声④
気持ちが安定してきました。宿題など、家で追い込まれることがないので、家庭で子供と向き合える時間が長くとれるようになり、親子関係がより親密になりました。
公立校に通っている頃は、山積みの課題を受け身でこなすだけでした。賢者の学校に通うようになって、主体性が育っていると感じています。

◆ライオン学園 賢者の学校 公式インスタグラム

◆お問い合わせ

ライオンの隠れ家 『賢者の学校』

運営者/一般社団法人SEIMA137

 

〒501-3911
岐阜県関市肥田瀬467 

0575-36-4578(杉山・井川)
090-5631-1068(井川携帯

       lionnokakurega137@gmail.com